せとうち志々島移住日記 | 瀬戸内海の離島・志々島より愛?を込めて

東京生まれ・東京育ちの元プログラマー。香川県の離島・志々島(ししじま)に移住した新米島人です。 その日常を綴って行きます。

第5話.頂きます!

いま現在、志々島(ししじま)では漁で生計を立てている人は居ません。

が、自治会長さんが漁業権を買って、個人的に建網漁(たてあみりょう)をしています。

夕方に島の海岸に沿って網を仕掛け、翌朝に網を引き揚げるという漁法です。

で、今日は引っ越してから2度目の漁に出ました。
…まだ操船のお手伝いだけですけど。

で、今日の戦利品。
冷蔵庫のキャパ的な問題で、小さめの魚をリクエスト。
f:id:goumonkobura:20180428192009j:plain

実はこの10年、百均で買った包丁を使い続けて来ました。

でも、魚は殆んど捌かなかったし、流石に中型・大型の魚には太刀打ち出来ないと考え、先日ちゃんとした包丁を注文したばかりでした。

折しも昨日、その包丁が届いたので早速使ってみました(柳刃さんは今回未使用)。
f:id:goumonkobura:20180428192108j:plain

焼いてみたのはメバル
見栄えは悪いですが、頭は全て味噌汁のダシに利用したいので切り落としています(笑)
f:id:goumonkobura:20180428192228j:plain

白身は当然ながら淡白であるものの、焼き立てはホクホクで美味。

朝食がまだだった事も有り、ご飯無しで一気に立ち食いしました(  ̄▽ ̄)

食べ物を残さず食べる事を信条としていますが、漁から調理までを一貫して行うと、「命を頂く」という言葉をより実感出来ますね。

良い包丁を手に入れたので、捌き方も魚の名前も、少しずつ勉強して行きます!