せとうち志々島移住日記 | 瀬戸内海の離島・志々島より愛?を込めて

東京生まれ・東京育ちの元プログラマー。香川県の離島・志々島(ししじま)に移住した新米島人です。 その日常を綴って行きます。

第13話.好敵手、現わる

第13話.好敵手、現わる
東京では最後の4年間、中野に住んでいました。
その間、ゴキブリと出会う事は驚くほど稀で、物足りなさすら感じていました。

一方、志々島は昆虫天国。
屋外はもちろん、古い造りの家では虫が侵入するのも容易です。

ウチの台所は土間なので、蟻やダンゴムシを見つけては踏み潰しています(笑)

ダンゴムシには何の脅威も感じませんが、食器や調理器具に触れる可能性が有る以上、やむを得ません。

「人間以外の生物は生きて帰さない」が、僕のポリシーです。

野良猫が勝手に入って来ようものなら…三味線にしてやります!(ウソ)

さて、ここからが本題。

勝手知ったるゴキブリとは違い、志々島には厄介なヤツが居ます。

湿気の多い時期になると現れる。
そう、大ムカデです!
f:id:goumonkobura:20180524181350j:plain

グロテスクな見た目にその大きさ。
何より、噛まれたら激痛に襲われるとの事。

全ての島民が恐れる存在で、「昨日の夜、ムカデが出ちゃってさ~」という、寝てない自慢ならぬムカデ自慢?が繰り広げられる事もしばしばです(笑)

寝る時は蚊帳の中に入るので安全ですが、居間で過ごしている時は注意が必要です。

音も無く忍び寄って来るので、僕は10~20分毎に、天井から壁から周囲を見回す様にしています(苦笑)

とは言え、居間はかなり頑張って侵入経路を塞いだので、滅多に出ないと思います。

問題は、リフォーム時にも大きく手を加えていない台所の方ですね。

先日は、ムカデを倒した直後にゴキブリが登場したりで、多勢に無勢とはこの事です(~_~;)

対する僕の武器は、専用の殺虫スプレーと新聞紙。

スプレーで充分に弱らせておき、上から新聞を覆い被せて踏み潰す…というのが常套手段です。

秋も深まる時期までは闘いが続くと予想されるので、用心して過ごしたいと思います( ´~`)