せとうち志々島移住日記

東京生まれ・東京育ちの元プログラマー。香川県の離島・志々島(ししじま)に移住した新米島人です。 その日常を綴って行きます。

第67話.志々島の買い物事情

志々島(ししじま)には、お店も自販機も在りません。

唯一お金が使えるのは島の休憩処「くすくす」ですが、買えるのは飲み物・アイス・土産物で、食料品は牛島産の米と干し椎茸ぐらいでしょうか。

そんな様子を見た観光客の方々からは、「島で暮らしてると不便でしょ?」「買い物はどうしてるの?」といった質問をよく受けます。

既にブログで書いた気になっていましたが、都会で暮らす人達の一番の関心事はコレなんじゃないかと今更ながら思ったので、今回のテーマは買い物にします。


先ず最初にご紹介するのが、ドラッグストアの「コスモス」。
f:id:goumonkobura:20190815111503j:plain
志々島から一番近い四国本土の港・宮ノ下から徒歩10分圏内に在ります。

PB商品も扱っている大型チェーンで、日用品や調味料等の保存が利く物を買うならココです。

茹でうどんが1玉29円、冷凍の豚肉や挽き肉も安いです。


続いては、フレッシュショップ「トマト」。
f:id:goumonkobura:20190815111813j:plain
宮ノ下からは徒歩5分程度、コンビニを除けば「志々島から一番近い商店」と言えるかもしれません。

近隣に2~3店舗在るだけの小型チェーンで、野菜や肉・魚等の生鮮食品をメインに扱っています。

野菜は安いので、大抵ここで買います。
特に、三豊ナスとか金時人参といった地元の野菜はデカイのに格安です( ´∀` )b

肉は良質との噂ですが少々お高いので、僕が買うとしても鶏肉ぐらいです。

余談ですが、「ピカソ」という大型スーパーも在るには在ります。

ただ、品揃えは豊富であるものの、歩きだと15分程掛かるしズバ抜けて安い物も無いので、僕は滅多に利用しません。

3つ目は、ホームセンターの「コーナン」。
f:id:goumonkobura:20190815111845j:plain
こちらも宮ノ下から徒歩10分圏内に在ります。

家のリフォームに使う様な本格的な資材になると、少し遠くのホームセンターまで足を運ばざるを得なかったりしますが、程々の大工道具や畑で使う肥料等を買うなら充分です。


そして、何と言っても忘れちゃいけないのがネット通販。

これが無い時代に生まれていたら、離島への移住なんて考えられなかったと思います。

注文から到着までに要する期間も、東京とさほど変わりません。
流石にAmazonプライムに入っても、当日配送は無理でしょうが(笑)

ちなみに、荷物は定期船の会社に一旦預けられ、夕方の便で持って来てくれます。


…と、良い事ばかり書いて来ましたが、四国本土まで片道20分掛かり、且つ定期船の便数が限られているというのが厳然たる事実。

その為、ちょっとした買い忘れが命取りになります(苦笑)

出掛ける前に、買う物をリストアップしておく事が必須ですね。

第66話.海ほたる観賞会

海ほたる観賞会とは、粟島の地元の方々が日頃の感謝を込めて行う無料イベントです。
f:id:goumonkobura:20190804160816j:plain
※画像はイメージです(C)三豊市観光交流局

毎年恒例となった行事ですが、一昨年は800人が参加して大混乱が生じたとか(昨年は西日本豪雨の影響で中止)。

そこで今年は、300人限定の抽選制で行われました。

僕が粟島のイベントについてツラツラと書いてるのは何故か?
お察しの良い方ならもうお気付きかもしれません。

そう、三豊市の観光交流局からバイトの打診が有り、またまたお手伝いする事になりました。

海ほたるを見た事は無かったので、引き受けた時には「バイトのどさくさに紛れてイベントを拝めるんじゃないか?」と図々しい事を考えていました。

が、事前に聞いた僕のお役目は、イベント会場となる海岸からの帰り道に、街灯の無いイノシシ出現ポイントが有る為、そこを車のライトで明るく照らすという内容。

海ほたるを見る事も叶わず、暗闇の中で独り佇む自分の姿を想像しました(ー_ー;)

さて、イベント当日。

参加者を乗せた船の第一便が粟島に到着したのは18時。

それに合わせて僕も会場の海岸に移動し、ひたすら日が沈むのを待ちました。

西浜という名前の海岸なので、夕日はとても綺麗です。

とは言え、夕日を見つめる以外にやる事が何も無いので、なかなか辛いものがありました(^^;)

で、完全に日が沈んだのは20時過ぎ。
そこでようやく観賞会がスタート!

てっきり、海にエサを撒いて海ほたるを集めるのだと思っていましたが、実際は予め用意した海ほたるを浜辺に撒いて、お客さんに楽しんで貰うというスタイルでした。

せっかくなので僕も一緒にキャッキャッとはしゃぎたい所でしたが、日没待ちで疲弊してその元気は残っていませんでした(苦笑)

お客さんが帰り始める段になって、ようやく僕の出番。

…と思いきや、地元の消防団の方が車を出してくれて、僕はそのお供として助手席に座っているだけ。 

単なる話し相手的な存在でした(苦笑)

最後にテントを畳むお手伝いはしたものの、仕事した手応えの無いままお役目は終了。

これで本当にバイト代が頂けるのか!?
正直、心配です( ´~`)

ちなみに粟島の海ほたる観賞会は、今回で最後になるという噂も。

そのラストチャンスに立ち会えて良かった、と思う事にします(笑)

第65話.香川本鷹始めました~水やり編~

少し遡って、6月前半のお話。

梅雨入りが遅れ、暑い日が続いていました。
土はカラカラに乾き、1日1度の水やりでは心配な程です。

折しも、苗の植え替え(定植)を行った頃で、3つの畑に分散した苗それぞれに水をやらなければならず、1回で20L前後は必要になって来ました。

とは言え、蛇口を捻って水が出るなら、何の苦労も無いでしょう。

が、僕が借りている畑は、志々島・東部の高台に在ります。

昔はポンプを使って高台まで水を送っていたそうですが、機械が壊れてしまってからは修理も出来ず終い。

ベテラン島民の皆さんは、ポリタンクやドラム缶を設置して雨水を溜めているのが現状です。

しかし、雨が降らないので溜まった水もだんだん少なくなって来ました。

そこで暫くは、複数本のペットボトルに水を詰めて、家からエッチラオッチラ担いで運んだりもしました。

それ自体、大きな負担ではありませんでしたが、水道代を節約したいし、ペットに水を詰める時間も惜しくなって来たので、自分でポリタンクを設置する事にしました。

ただ、タンクを適当な所にポンッと置いても、口が小さいのであまり雨水は溜まりません。

小屋の側に置き、屋根に降った雨水を樋(とい)を使って集めるのが常套手段です。

が、屋根の破損していない手頃な小屋は残っておらず( ´~`)

もう一つ、傾斜を付けた波板を設置して、ダイレクトに雨水を集める方法も有ると聞いていたので、僕はそちらを選択しました。

で、廃屋から拾って来た波板や木材をデタラメに組み合わせて、雨水を収集する装置を作りました。
f:id:goumonkobura:20190723150424j:plain
f:id:goumonkobura:20190723150451j:plain
波板の余計な部分を切り落とせば見た目にも美しくなりますが、その労力が惜しくて加工せずにそのまま使っています(笑)

要は機能を果たしてくれれば良い訳ですが、梅雨入りして以降、タンクの水は満タンになりました!( ´∀` )b

今はほぼ毎日雨が降るので、暫くは水やりも不要です。

また、唐辛子の実が付く頃になったら、水を与え過ぎると味(辛味?)が薄まるという噂も有るので、水やりはセーブするつもりです。

そう考えると…。
あれ、もう水って要らなくない?

ちなみにこのタンク、容量は300Lでお値段は約1万円。

まあ、備え有れば憂い無しという事で(^^;)

余裕が出来たら、別の畑でもやりますか!(笑)

第64話.現地ガイド・デビュー戦

先日、某旅行会社が企画した徳島・香川の絶景を巡るツアーの現地ガイドを務めました。
f:id:goumonkobura:20190713174738j:plain
自治会長さんのガイドの様子を一度見学した事は有るので、どんな話のネタが有るかは大体把握していましたが、単独で正式なガイドをするのはこれが初めてです。

ツアーの参加者は20名。

朝8:50の定期船で島に到着して11:30の船で帰るので、滞在時間は約2時間半。

その中で、大楠~楠の倉~横尾の辻(よこぼのつじ)を回るというプランです。

日曜・月曜の1泊2日旅行だと聞いて分かってはいましたが、参加者は大半がベテランの方々。

プランを忠実に遂行するとなれば、時間的にかなりタイトになるのでは?と予想しました。

そこで、埋め墓など港周辺の案内は後回しにし、てっぺんまで登って下りてくる事を最優先しようと考えました。

とは言え、その前に志々島の基本情報だけはザッと説明したいと思っていましたが…。

到着するなり、トイレ・トイレの大合唱。

説明するのに便利な島の地図が有る場所から、離れざるを得なくなりました。

島の高台にトイレは無いので、出発前に行って貰うつもりでいたものの、この展開は想定外(^_^;)

トイレを済ませて貰った後、そのまま大楠へ向かう事になりました。

ここで一つ断わっておきたいのは、僕はハゲ頭ですが石頭ではありません。

迎える側が言いたい事と、お客さんが聞きたい事は別であり、そもそも黙っていた方が良い時も有ると思っています。

実際、大楠に到着してから暫くはガイドは止めて、心ゆくまでその姿を堪能して頂き、帰り際に最低限の情報だけ伝えました。

最後に、ガイドをやってみて分かった事・今後の課題を2つばかり述べます。

1つ目は参加人数について。

皆さん歩くスピードも違えば、体力も違います。

縦に並んで歩くと、前と後ろでは見える景色も異なるので、一度にまとめてガイドするには先頭の方に止まって頂く必要が有りました。

また、1/3位の方は横尾に行かず、先に港へ戻られたりして、グループが途中で2つに分かれてしまいました。

正直、一人で10名以上のお相手は厳しいかもしれません(^^;)

2つ目は、インプットとアウトプットの問題です。

頭に情報が入っていても、口を突いてツラツラと出て来ないもんだなぁと改めて思いました。

東京の仕事で稀にプレゼンをした時、本番前に練習を繰り返した事を思えば、周到な準備をしなければならないのは当然なんですけどね。

そこは油断と言われたら油断です( ´~`)

次の機会がもし有るならば、気を引き締めて取り掛かりたいと思いますm(_ _)m

第63話.香川本鷹始めました~植え替え編~

畑の準備が出来たら、次は植え替え(定植)です。
40~60cmの間隔で苗を畑に植えて行きます。
f:id:goumonkobura:20190703180509j:plain
その頃は既に夏の様に暑く、苗床から掘り起こした瞬間から苗の根っこが乾き始める為、掘ってはダッシュして植える・掘ってはダッシュして植えるを繰り返しました。

が、そんな風に急いだ所で、植え替え直後は葉っぱがデローンと垂れ下がるので、枯れるんじゃないか?と少し心配になりました。

まあ…水を吸えば大体は復活するのですけどね(^^;)

こうして、3つの畑に合計289の苗を植えました。
しかし、植え替えてもまだまだ安心とは言えません。

食べる訳でもないのにカラスがやって来て、突ついたり引っこ抜いたり。

姿は見ていませんが、幼い苗の茎を噛み切る「ネキリムシ」と思われる被害も間違いなく有りました。

で、これは僕の責任ですが、充分に成長していない小さな苗は、植え替えても直ぐ枯れてしまいました。

本来、草丈15cmを超えた苗が植え替えの対象です。

にも関わらず、どうして小さな苗を敢えて植え替えしたのか?を説明しますと…。

苗床に種蒔きした時、最初は丁寧に1粒ずつ蒔いていましたが、種の数が多過ぎて最後の方は面倒になり、同じ場所に数粒まとめて蒔いてしまったという経緯が有ります。

結果的に苗も密集して育ち、根っこが絡み合う状態になってしまいました。

その為、大きな苗だけを掘ろうとしても小さな苗も一緒に付いて来てしまうので、仕方無くついでに植え替えた、という次第です( ´~`)

など等、色んな事が起こり得るので、苗床にはまだ予備の苗を残しています。

備え有れば憂い無し、ですからね(^_^)

ともあれ、植え替え作業は一旦終了です。

今は、仮支柱を立てたり追肥したりといった作業を1つ1つの株に対して行なっていますが、成長度合いが異なるせいか、育てる対象が沢山の苗という「集合体」から、個々の株という「個体」に変わった事を実感します。

「大きくなったな~」「何だか元気無いな…」とそれぞれの株に目を配っていると、子を持つ親になった気がして来ますね(笑)

第62話.香川本鷹始めました~畑作り編~

苦難を乗り越えて世話をし続けた苗の中に、植え替え(定植)が必要な位に大きくなった物もチラホラと出始めました。

そこで、植え替え先の畑の準備に取り掛かりました。

畑作りの手伝いは経験していたので、段取りは一応分かっていました。

先ずは一度畑を耕して、土を柔らかくします。

耕すのには、センパイ島民から借りた手押しタイプの耕運機を使います。

これが平地なら楽チンのはずですが、僕が借りた畑は島の高台の傾斜地に在る為、力を入れないと真っ直ぐ進んでくれないので結構疲れます(*_*)

続いて、石灰と堆肥(大抵が牛ふん)を畑全体に適量撒いてから、もう一度耕運機を掛けて土に混ぜ込みます。

石灰と堆肥を撒くと言うと簡単に聞こえますが、畑が広いとこんな作業でさえ体力を消耗します(^^;)

次は畝(うね)作り。
耕運機を掛けるだけで細い畝なら勝手に出来ますが、今回は60cm幅にしたかったので、自分の手で畝を作り直す必要が有りました。

雑草の繁殖を防ぐ為、黒いフィルムを畝に被せるマルチングという作業も最後に行ないました。
f:id:goumonkobura:20190623174651j:plain
f:id:goumonkobura:20190623174723j:plain
フィルムが風で飛ばない様に、端に土を掛けて重し代わりにします。

島では様々な肉体労働をしていますが、その中でも土を掘り返すのが一番辛い作業じゃないかと思っています。

前述の畝作りもマルチングも土を掘らなければならないので、この工程は本当に嫌いです。

ただ、雑草がはびこるとどんな恐ろしい事になるかは骨身に染みているので、やらないという選択は無かったです(苦笑)

今回は3つの畑を用意したので、これらの作業を3セット繰り返した訳ですが、一度やればその大変さが分かるので、いちいち憂鬱でした(~_~;)

こうして、植え替えの準備は整ったのであります。

第61話.母が来た

先日、僕の母親が志々島にやって来ました。

正確には、暮れに帰省した時に「一生に一度は息子がどんな所に住んでいるか見に来なさい」と往復の交通費を渡したのですが、ようやく重い腰を上げたというのが真相です。

もっと言えば、母には「しまなみ海道」を自転車で渡りたいという目的が有り、志々島はその「ついで」でしかありません(笑)

当日、志々島へは僕が船で送り迎えしました。

良い所を見せたいなんてこれっぽっちも思ってませんが、今の自分をそのままを見せられればと考えていました。

が、行きも帰りもイレギュラーな状況に遭い、着岸で手こずる羽目に(*_*)

ついでに、センパイ島民からチヌ(黒鯛)を頂いたので急遽煮付けを作ったものの、醤油の分量を誤って久し振りに失敗したりと、何をやってもチグハグでした(苦笑)

さて、母の志々島泊は1日限りだったので、大楠~楠の倉~横尾の辻~天空の花畑と、主要スポットを一気に周りました。

今年で72歳。
今でもママさんバレーを続けているウチの母親にとって、この程度は朝飯前です。

いかんせん、僕のキンセンカ畑は既に見頃を終えていました。
加えて曇天だった為、志々島からの綺麗な眺めも見せて挙げる事は出来ず( ´~`)

このまま帰しては三豊市民の名折れとばかりに、翌日はフラワーパーク浦島と紫雲出山(しうでやま)に連れて行きました。

しかし、分かってはいたものの、フラワーパークのマーガレットも見頃を過ぎていて、残っていた花はほんの僅かだけ。
f:id:goumonkobura:20190610124049j:plain
一方の紫雲出山は、天候に恵まれましたが恵まれ過ぎてモヤが掛かり、いわゆる多島美はクッキリ見れず(ー_ー;)
f:id:goumonkobura:20190610124114j:plain

で、やっぱりこのままでは終われないと思い、最寄り駅の詫間ではなく、母の宿泊先・今治により近い観音寺駅まで、海沿いをドライブしながら送って行く事に方針転換しました。

海を眺めながらのドライブ、悪い気はしないでしょう?
まあ…母はノンリアクションでしたが(笑)

オマケのオマケで、銭形砂絵(寛永通宝)の見える高台に連れて行き、僕の観光案内は終了。
観音寺駅で別れました。

1日にこれ程の長い時間運転した事は無かったので、なかなか疲れました(^_^;)

ウチの母はその翌日、幾度も道に迷いつつ、夜8時まで自転車を漕ぎ続けて「しまなみ海道」を完走したそうです。

2日間に分けてゆっくり渡ったら?とアドバイスしたのに…アホですね(苦笑)

最後に。

母が志々島に来て分かったのは…洗い物の食器が2倍になるとシンドイなって事です。
あと、昼に炊いた米も夜には無くなりました(*_*)

独り暮らし歴12年。
当然ながら、料理も洗い物も一人分で済んでしまうので、こういう苦労は未経験でした。

いや~、主婦って大変ですね。
何でしょう、このまとめは(笑)

f:id:goumonkobura:20190610124154j:plain
※写真の花は、島の最高齢のおばあちゃんが僕の母親が来ると知って用意してくれた物です。