せとうち志々島移住日記

東京生まれ・東京育ちの元プログラマー。父母ヶ浜で有名な香川県三豊市に属する離島・志々島(ししじま)に移住した新米島人です。 その日常を綴って行きます。

第183話.離島の洗礼

志々島の対岸・詫間町にて、音楽イベント「マチ音めぐり」が9/17, 9/18の両日に開催されました。
f:id:goumonkobura:20220924174004j:image

一種の町おこしで、屋台が出店したりモノマネ芸人のライブも予定されていました。

そして僕は、その主催者の方にはいつもお世話になっているので、ボランティアスタッフとしてお手伝いする事になっていました。

何と言っても、コロナ禍で久し振りの開催なだけに、成功して欲しいという想いでした。

が、折しも先の3連休は、台風が日本列島を縦断したのは皆さんご承知の通りです。

志々島を行き来する定期船は、17日の昼便を最後にそのまま止まりっ放し。
結局、手伝いはお断りして、島に籠もる事になりました(>_<)

現場の様子は見れず終いでしたが、2日目は風もだいぶ強まって、屋外イベントは屋内で行われたり、夜のイベントは中止になったりと、色々影響が出たと聞いています。

屋台を出した方々は…お気の毒だった事でしょう(^^;)

さて、話は一旦、台風接近前に遡ります。

今月上旬、長野県にお住まいだった60代半ばの男性・Wさんが、志々島に移住して来ました。

ただ、家を一人でリフォームしており、まだ2~3ヶ月は掛かる見込みとの事。

なので、暫くはご本人も落ち着かないでしょうが、とにかく住民が増えるには増えました。
これにより、志々島の人口はジャスト20名です。

そのWさん、台風で船が止まるのを心配して、9/17の昼前に買い物へ出掛けました。

定期船が止まりそうな時、志々島島民に対しては、その可能性が有る事を船員さんも教えてくれます。

が、越して来たばかりのWさんは、まだ島民と認識されておらず。
何も告げられないまま遠出して、欠航前最後の船を逃してしまいました(*_*)

幸い、詫間町には素泊まりも出来る安い宿が有るので、それを紹介して事無きを得ました。

なので、金銭的なダメージは少なく済んだかもしれません。

とは言え、台風が通り過ぎるまでそこで3連泊です。
片道20分の島を目前にして帰れないとは…悲しいものがありますね(T-T)

移住早々、離島ならではの洗礼を浴びてしまったWさんですが、こうやって「NG行動」を知り、みんな大人になって行く訳です(笑)

第182話.来る日も来る日も

4年半このブログを続けて来ましたが、同じ事は書かない様にしよう、という勝手なこだわりを持ってやっています。

が、しかし。
6月頃からただひたすらにやり続けており、僕の生活そのものと言っても過言でない事に触れない訳には行きません。

何かと言うと、ミシマサイコの畑の草取りです。

平地に在る2アールの畑については以前言及しましたが、予想通り1周目の草取りが終わったそばから草が生え始め、2周目に突入せざるを得ませんでした。
f:id:goumonkobura:20220913135714j:imageそれも直ぐには着手出来なかったので、取り掛かった時には既に元通り?と言うか、1周目より酷くなっていた気が有ります。

知らない人が見たら、畑とは分からないレベル(苦笑)

「草の根分けても探し出せ!」なんて台詞、時代劇で聞いたりすると思いますが、それを地で行く様に、草をかき分けてサイコを見付け出さねばならない状態です。
f:id:goumonkobura:20220913135740j:image手伝いが欲しいのは山々ですが、サイコと雑草の区別が付く人でないと難しいので、誰かに頼る事も出来ません。

区別が付いたとしても、うっかりサイコを切ってしまったり、雑草と一緒に抜けてしまったりする事もしばしば。

自分の失敗は許せても人の失敗を許せる自信は無いので、尚更助けは借りれません(笑)

そんな調子なので、やればやるほどサイコを減らしている感が有りました(>_<)

ただ、そのまま放置したら雑草に養分を持って行かれて、サイコが育たないというのが大方の意見です。

…といったジレンマに陥りながらも、草取りを続行。

他の用事も有るので断続的にですが、2周目はトータル数十時間掛けてやり遂げました。

しかし、そこまで頑張った結果として現れたのは、ガラーンとした余白だらけの畑でした。
f:id:goumonkobura:20220913135804j:image
f:id:goumonkobura:20220913135815j:image2条植え(1つの畝に2列)と言う事もあり、片側がスカスカだったりすると余計寂しく見えますね。

雑草に負けたのはもちろん、暑さと水枯れが大きな原因だと思います。

水道が近くに有る訳ではないので、小まめな水やりをするのは難しく、且つそこに時間を掛け過ぎると、いよいよ割に合わなくなるでしょう。

草丈が伸びて花も咲き始めた今はもう少し見栄えが良くなりましたが、サイコの株数だけで言うと30~40点の出来です。

高台に在る5アールの畑は、比較的雑草が少なかったにも関わらず、水枯れが顕著でもっと酷い事になっています(*_*)

今年は特に暑い日が多かったですが、雨の少ない香川県はサイコの栽培に不向きなのでは?と言うのが、僕の正直な感想です。

何だかんだ言ってますけど、今年の分は最後までキッチリやり抜いて…そして卒業します(笑)

第181話.志々島カレーフェア

【はじめに】
先日スマホが突然クラッシュして、ブログ用に撮っておいた写真が全て消失しました。
チラシを撮った写真1枚しか有りませんが、予めご了承下さいm(_ _)m

先月の21日、FM香川と志々島ダイナミックス主催の「志々島の虫はかせになろう」というイベントが行われました。
f:id:goumonkobura:20220904113332j:image

離島には珍しい昆虫が生息しているらしく、虫に詳しいNPOの職員さんらがその魅力を解説したり、クイズを出したりする子供向けの内容です。

参加者は40組の親子、つまりは総勢80名。
午前の部と午後の部に分かれていましたが、それでも2隻の海上タクシーでピストン輸送しなければいけない人数です。

で、ただ来るだけならお好きにどうぞと言えば済む話ですが、全員にお昼ご飯としてカレーを振る舞うとの事。

そして、くすくすキッチンのシェフがその任務を請け負う事になった訳です。

とは言え、配膳等で人手は必要なので、僕も手伝う約束をしていました。

ところがギッチョン。

イベント直前に、そのシェフが高熱を出してダウンしました(*_*)

幸いコロナではありませんでしたが、当日までに復活するのはとても無理。

その為、前日の仕込みから手伝う事になりました。
まあ、人参と玉ねぎを刻むだけの簡単なお仕事です(笑)

それよりも問題なのは、料理人です。
自治会長さんが知り合いの調理師・Mさんにお願いして、急遽来て貰う事になりました。

ちなみにMさんは、60代半ばの男性。
例の大型タンカーに乗る仕事で僕も何度かご一緒していて、志々島のシェフに料理を教えに来てくれた事も有りました。

迎えた当日。
僕も朝から準備で右往左往していましたが、Mさんは奥さん・娘さん・お孫さんを引き連れて来島。

家族総出で、カレーや付け合わせのデザート作りに当たってくれました(^^;)

準備はバタバタでしたが、配膳の方は人手が充分有ったので、無難にこなせたと思います。

カレーの画像も肝心のイベントの様子を納めた画像も無いですが…イメージを膨らませてみて下さい(笑)

主催者の方曰く、志々島で見つけた珍しい昆虫を標本にして、島の何処かに展示したいんだとか。

島固有の物ではないですが、今回はピンク色のバッタが捕まったと言って見せてくれました。

そうやって標本を増やして行けば、島の昆虫目当てに人がやって来る。
ひいては島おこしにも繋がる、という高い目標をお持ちでした。

そして僕を見つめながら、「その為にも、標本が作れる人が島に居たら良いんですけどね~。」と言い残して帰って行きました。

えーと…僕は今も変わらず虫が苦手です。

まだ確定ではないですが、定年を迎えた方々が移住して来るとか来ないとか、そんな噂が流れています。

時間とお金に余裕の有るそういった方達に、老後の趣味として昆虫標本を勧めたいと思います。

いや、決して押し付ける訳ではありませんよ(笑)


さて、今回はこれで終わりのつもりでしたが、それから一週間後、悲しいニュースが飛び込んで来ました。

それは、釣りの最中に誤って海に落ちたお孫さんを助けようとしたMさんが、溺れて亡くなったというもの。

山登りを趣味にする程の健脚で元気そのものだっただけに、にわかには信じられませんでした。

とても穏やかで優しい人で、そこまで深い付き合いではなかった僕ですら、大きなショックを受けています。

お身内や職場の同僚など、近しい方々の悲しみの深さは計り知れないと思います。

ただただ残念でなりません。
心より御冥福をお祈りします。

第180話.ある日の出来事

たまにはブログらしく、一日の出来事を普通に綴りたいと思います。

今月の始め、志々島では計画停電が実施されました。時間帯は10~15時。

「停電が起きた時の復旧までに掛かる時間を短縮する為の工事に伴う停電」という話だったので、断る理由は有りません。
↑理解出来ましたか?(笑)

が、既に夏真っ盛り。
エアコンが使えなければ、皆死んでしまいます。

これは季節を問わずですが、停電が起きると島外脱出を計る住民が多いです。

しかし今回は計画的なものなので、電力会社が救済措置として「老人憩いの家」という共有施設に限定し、発電機で電気が使える状態にしてくれるとの事でした。
f:id:goumonkobura:20220825115813j:imageそれならわざわざ出掛けずとも、島内に留まるという選択も出来ます。

ただし、それだけでは昼食に困るだろうと考え、公民館長(中年女子)に協力をお願いして、タコ焼きパーティーを催す事にしました(正確にはお年寄りも食べやすい様に魚肉ソーセージでした)。

で、僕も言い出しっぺとして、当日は皆と憩いの家でまったり過ごせば良いと思っていたのですが…。

ところがぎっちょん。

その前日、大きな猪が捕まりました。
f:id:goumonkobura:20220825115912j:image説明した事は有ると思いますが、罠を仕掛ける事は出来ても、島内に猪を銃で仕留める事が出来る人間は居ません。
その為、毎回隣りの粟島に住む猟師さんに来て頂いています。

しかし、その日は猟師さんの都合が悪く、
計画停電当日に来て貰う事になってしまいました。

一番ワチャワチャしたくない日に限って、こういう事が起こります(苦笑)

加えて、大抵の場合は前自治会長さんが海上タクシーで猟師さんを送迎してくれますが、これまた都合が悪く、センパイ島民が所有する小型船を借りて、僕が送迎する事になりました。f:id:goumonkobura:20220825115948j:image

その船を運転するのは初めてで不安だった為、迎えの時はセンパイ島民に同行して貰いながら教わり、送り届ける時は僕一人でした。

騙し騙しの運転だった部分も有りましたが、これで万が一の時に貸して貰う事も出来るので、結果的には良い機会になったと思います。

余談ですが、銃で撃たれてまだ息の有る猪に、初めてトドメを刺しました。
喉をかっ切って、心臓をブスリと一突きし…と細かい描写は避けますが、もう怖い物は有りません(笑)

なんだかんだで昼前には諸々片付いたので、お昼は落ち着いて「タコ焼きもどき」を食べる事が出来ました。

残念ながら、その模様を納めた写真はございません(苦笑)

電気工事も予定通り終了。
平穏な日常に戻ったのでした。

第179話.クルージング・ツアー2022

小与島(こよしま)は、瀬戸大橋の橋脚が有る与島の東に位置する小さな島です。

周囲は1.3km。標高は高い所でも47mで、割と平坦な土地です。

良質な花崗岩が採れるという事で、古くから採石業が盛んでしたが、資源の枯渇により衰退して人口は激減。

その後、瀬戸大橋の開通に合わせて島の北端にホテルが建てられ、リゾート化が図られた時も有りました。
しかし、運営会社の破綻により数年で閉鎖。
ホテルは今、廃墟として残っています。

現在住んでいるのは1組のご夫婦、すなわちたったの2人です。

…と、前置きが長くなりましたが、「志々島ダイナミックス」が主催する今年のクルージング・ツアーの行き先がその小与島で、助手として先日同行しました。

出発地は宮ノ下港。
志々島には寄らず、小与島に直行です。
f:id:goumonkobura:20220815171820j:image船着き場を写真に撮ろうとしたのですが、草ボーボーでよく分からない状態になってしまいました( ´~`)

なお、手前に有る船は打ち捨てられた物で、これに乗って来た訳ではありません(笑)

さて、島内には採石場の名残りが幾つか見受けられました。

この塔の様な石もその一つ。
f:id:goumonkobura:20220815171842j:imageなぜこんな風に中途半端な状態で残されたのか?
いっそ綺麗に倒してしまえば良いのにと思うのですが、理由は謎です。

また、道中には大きな池が有って、それらは「露天掘り」の跡に雨水が溜まって出来た物だそうです。
f:id:goumonkobura:20220815171912j:image教科書で読んだ露天掘りをこの目で見たかった気もします。
が、長い年月を経た結果なので、こればっかりは仕方無いですね。

道を更に進むと、海に出ました。
そこそこ広い砂浜で、眺めは抜群。
f:id:goumonkobura:20220815171944j:image
f:id:goumonkobura:20220815171956j:image如何せん、漂着したゴミが大量に有りました( ´~`)
住民2人では頑張っても無理と言うか、誰の為に頑張るんだって話で、これもまた仕方が無い状況です。

香川県にお住まいの方はご承知の通り、連日の猛暑。
炎天下の中をわざわざ歩いて潰れたホテルを見に行こうという機運は高まらず、逃げる様に小与島を後にしました(^^;

西に戻って、一旦スルーした志々島に上陸。
昼食は、休憩処くすくすでのカレーランチ。
僕だけ3人前の量を食べました(笑)

午後は僕が現地ガイドを務める島内観光。
お客さんを宮ノ下港に送り届けて、ツアーは終了です。

終始暑かったですが、海上タクシーに乗っている間は海風を受けて、お客さんも涼しかったと思います。

第178話.自分の事は自分で

志々島に限らないと思いますが、離島となると「業者」を呼ぶのも気軽に出来る事ではありません。

なので、ちょっとした修理・修繕は自前でやってしまう人が多いです。

例えば家の雨漏りだったり、農業機械の修理だったり。

…とか言いながら、僕に出来る事はまだごく僅かです(^^;

さて、島内の移動に自転車を使う事が有るのですが、先日パンクしてしまいました。

これまでパンク修理やチューブ交換は、それを得意とするセンパイ島民にお願いして来ました。

横で見て憶えようとしても滅多にやらない事なので、次の機会が訪れた時には記憶が消えています(苦笑)

同じ事を続けていては芸が無いと、今回は自力でのチューブ交換を試みました。

問題の箇所は後輪。
f:id:goumonkobura:20220805174724j:imageパンクを繰り返していたし、以前買ったチューブのスペアが余っていたので、いっそチューブを交換しちまおうと思い立った訳です。

端的に言うと、古いチューブを引きずり出して新しいヤツを突っ込んだら終わりですが、そう簡単に行かない事は承知の上でした。

古いチューブを外す際、「あれ、車輪周りの部品も外さないと無理じゃん…」と気付いたものの、時間を惜しんでカッターでぶった切りました。
f:id:goumonkobura:20220805174808j:imageとなれば当然、新品を取り付ける時もそれらが妨げになるだろうと考えるべき所ですが、持ち前の天然ボケが発動。

手持ちのマイナスドライバーと小型のスパナを駆使し、半ば強引にチューブをねじ込んで行きました。

途中までやってようやく無理だと思い直し、結局は専用の工具を持っているセンパイ島民に助けを求めました。

すると実際は、ブレーキのワイヤー等も外さなければならず、うろ覚えの僕一人で解体⇒組立てするのは到底出来ない代物だったと悟りました(^^;

思い切り人の力を借りて、ようやくチューブ交換が完了。タイヤに空気を入れてみま
す。

が、交換前と同様、直ぐに空気が抜けてしまいました。
新品なのにそんな馬鹿なと、何度空気を入れてみても結果は変わらず( ´~`)

まさかと思いながら一旦チューブを外して、空気漏れの箇所が無いか水に浸してみると…。
f:id:goumonkobura:20220805174900j:image

小さな穴を2ヶ所発見!Σ(×_×;)!

一人で交換を試みた際、金属製の工具を使ったせいで、サラのチューブを傷付けてしまったと考えざるを得ません(~_~;)

こうして作業は暗礁に乗り上げ、後日パンク用のシールを買って修復する事にしました。

と、これで終わりかと思いきや、買って来
たのはシールじゃなくて、糊付けが必要なただのパッチの方でした(*_*)

ゴム用の糊なんて持ち合わせておらず、人様の物を拝借してまでトライしたのですが…。

チューブを水中に浸して穴を探す。
布で水気を拭き取る。
糊を塗る。
パッチの裏紙を剥がす。
パッチを貼り付ける。

…と、これらの手順を踏んでいる内に穴の位置を見失い、ズレた所に貼り付けて失敗。
その繰り返しで、再び挫折しました。
手が3本は必要です(苦笑)

次に買い物へ出掛ける時までと思い、今は人の自転車を借りて凌いでいます。

何かもう…このままで良いかも(笑)

第177話.楽しい?家庭菜園~後編~

お察しの通り、犯人はイノシシでした。
足跡が残っていたのはもちろん、金属の支柱がグニャリと曲げられており、これがカラスや猫の仕業であろうはずがありません。
f:id:goumonkobura:20220726112702j:imageトマトを食べ尽くすだけならまだマシで、枝を折られたり根元から掘り返されたりと、再起不能な株も在りました。

トマトは何度も実を付けてくれるから、荒らさずに行儀良く食べていれば、自分達も餌にあり付けたものを…。
ホント、馬鹿な生き物です(苦笑)

前回、トマトに寄った写真が無かったのは、実が大きくなってから「こんな形ですよ~」「こんな大きさですよ~」という風に説明をするつもりだったからです。

でも、写真を撮る前に食われてしもうた(涙)

とは言え、全滅した訳ではありません。
生き残ったトマトも僅かに居ます。

ただし、完熟するまで待っていては同じ事の繰り返しなので、実が真っ赤になるよりも前に摘んで食べる事にしました。
我ながら不憫でなりません( ´~`)

で、遅ればせながらトマトの写真を載っけておきます。
f:id:goumonkobura:20220726112722j:image
f:id:goumonkobura:20220726112733j:imageまん丸なのが「シンディスイート」、細長いのが「サンマルツァーノ」です。

気を取り直して、他の畑の状況もレポートしておきます。

ナスは、草丈が低い内から実が付きます。
売り物ほどは大きくなりませんが、個人で食べる分には充分。
もっと早く作っていれば良かったとさえ思います。
苗から育てるのは、かくも楽チンなものかと。

ちなみに今年も、サツマイモにトライしています。金時と紅あずまの2種類です。

去年の様な奇形?に分類されるサツマイモが生まれるのを防ぐべく、苗の数を減らす代わりに高い畝を1本だけ作る事にしました。

が、半分以上は定着せずにお亡くなりになりました。
同じ様に面倒を見ていたので、苗が悪かったとしか言い様がありません。
いや、責任逃れでなくホントに。

また、モリンガも作っています。
前回は50本だったので、今回は100本育てるつもりで種蒔きしました。

去年は難なく発芽したので1ヶ所に蒔く種の数を減らしてみたのですが…発芽したのは40ヶ所だけ。
畑を拡大したにも関わらず、逆に株を減らすというおかしな結果に(*_*)

本来、1ヶ所から複数芽が出た時は間引いて1つにしますが、勿体無いのでそのまま育てます(^^;

商売にするつもりはないので失敗してもダメージはありませんが、何事も甘く見てはいけないという教訓ですね(苦笑)