せとうち志々島移住日記

東京生まれ・東京育ちの元プログラマー。父母ヶ浜で有名な香川県三豊市に属する離島・志々島(ししじま)に移住した新米島人です。 その日常を綴って行きます。

第129話.3年目を振り返る~前編~

2日後の4/4は、僕の移住記念日。 よって、毎年恒例となる(と言っても3回目ですが)1年間の振り返りを行いたいと思います。 ただし今回は趣向を変えて、先月20日にRSK(山陽放送)で放送された番組ロケの裏側を絡めてお話します。 さて、志々島でロケが行われた…

第128話.コーレーグース・リターン

一昨年の暮れに作ったコーレーグース。大小合わせて165本有りました。 如何せん、コロナ禍で志々島への渡航も制限され、売り始めたのは実質的に去年の6月頃。 賞味期限を年末に設定していたので、絶対売れ残るだろうな~と思っていました。 が、しかし。そん…

第127話.志々島天空大根~切り干し編~

大きく育った大根は家に持ち帰りました。 コンテナと頂き物の背負い籠とを駆使しても、一度に運べるのは25~30本が良い所。大根は想像以上に重かったです(^^; さて、持ち帰った大根は洗って泥を落としてから、切り干しにしました。 ブログに書いた気もします…

第126話.志々島天空大根~収穫編~

読者の皆さんは、116話で取り上げた大根の事をご記憶でしょうか?(忘れた方はこちらで復習を↓) https://goumonkobura.hatenablog.com/entry/2020/11/23/175228 昨年の10月半ばに種蒔きした大根が、収穫の時を迎えています。 ここに至るまでの間、水やりもし…

第125話.風と共に去りぬ

昨年10月に種蒔きをしたグリンピース。随分とツルも伸びて、花も咲きました。 順調に育っている…と言いたい所ですが、気の休まらない日々を送っています。 何故なら、真冬になると風の強い日が多く、網に絡んでいたツルが外れてしまったり、以前ブログに書い…

第124話.ミシマサイコ~プレイバック2020・その4~

種の収穫から約1か月後、根っこの収穫を行ないました。 種も買い取り対象とは言え、実際に生薬になるのは根っこなので、こちらが本来の目的です。 草丈が低いので想像はしていましたが…やはり根っこも短し( ´~`) でも、田んぼを畑に転用して栽培している農…

第123話.ミシマサイコ~プレイバック2020・その3~

その後はひたすら、雑草との戦い。 雑草を抑える「マルチ」という黒いビニールシートは売られていますが、お金も手間も掛かる。加えて、その破片が収穫物に混入してはいけないと事前に言われていたので、使用は見送りました。 一日で一気に終わらすのは無理…

第122話.ミシマサイコ~プレイバック2020・その2~

サイコに取り組もうと決めたのは、昨年の2月。畝立て・種蒔き等の作業を考慮すると、遅い位のタイミングでした。 加えて、耕作放棄されていた土地には、地下茎の発達した植物がはびこり、地表の雑草を刈ったぐらいで直ちに畑として使えるものなのか、甚だ疑…

第121話.ミシマサイコ~プレイバック2020・その1~

ミシマサイコ(三島柴胡)とは、茨城県以西に分布するセリ科の多年生植物で、秋には黄色い花を咲かせます。 その根を乾燥させた物が生薬でサイコと呼ばれ、解熱・鎮痛・解毒の作用が有るとして漢方薬に配合されます。 江戸時代に全国で生産される様になりまし…

第120話.ハーバーライト・後編

明けまして前回の続きです。 志々島と対岸の宮ノ下港との距離は、せいぜい5km程度。北に向かってほぼ真っ直ぐ進むだけです。 が、あくまでも「ほぼ」ですし、夜間航行だとそう簡単には行きません。 最も重要な事は、何を目標にして進むか?です。 その目印と…

第119話.ハーバーライト・前編

先日、島内にある共用の倉庫の片付けをしました。 ちなみにこちらが、ビフォーアフター。 空間を有効利用する為、新たに2つの棚を作ったのですが、柱や棚板・その他の材料も全く有りませんでした。 で、今回はその買い出しに行った時のお話です。 棚作りの資…

第118話.イノシシ猟!~解体編~

前回に引き続き、綿花の話を…するつもりでした。 が、よりタイムリー且つ、皆さんにとって興味深いであろう出来事が有ったので、内容を変更してお送りします。 さて先日、志々島でイノシシが捕まりました。 連絡を受けてから現場へ急いだものの、あと少しの…

第117話.年末商戦!?・前編

今年も残り1ヶ月。コロナ禍で、浮かれ気分でいられる人は少ないかもしれませんが、それでもクリスマスやお正月はやって来ます。 年末商戦と聞くと、僕の中では次世代ゲーム機戦争が真っ先に頭に浮かびます。 でも今は、綿花の事で頭が一杯です。 その白さが…

第116話.ししじま天空大根(仮)

志々島に来た事の有る方にしか分からない説明ですが、「どん坂」と呼ばれる坂道(石段)を登り切った所の分岐点を、下った先に在るのが島のシンボル・大楠です。 一方、分岐点を左に折れて更に登って行くと、島の最高点・横尾(よこぼ)の辻にたどり着きます。 …

第115話.竹取物語

「お金になるからやってみたら?」というセンパイ島民の言葉を受け、10月からグリンピース(えんどう豆)の畑を始めました。 耕して畝立てして、畑作りはいつもの通りですが、一つ違うのは支柱立ての作業です。 グリンピースは大きくなると「つる」が伸びて来…

第114話.逆襲の香川本鷹~一味唐辛子編・その2~

袋詰めの後は、前後にラベルを貼って一丁上がりです! …と簡単に言いましたが、裏面のデザイン(レイアウト?)には手こずりました。 去年のコーレーグース製造での反省を踏まえて、今回は1シートが予め複数にカットされた印刷用シールを用意しました。 が、シ…

第113話.逆襲の香川本鷹~一味唐辛子編・その1~

乾燥が上手く行った唐辛子は、一味にします。 去年からずっと目標にしていた事に、ようやく漕ぎ着けた次第です(苦笑) 対岸の町に食品を粉末にする機械をお持ちの方が居て、使っても良いとは言われていました。 が、乾燥させた唐辛子を船で運んで粉にして、ま…

第112話.逆襲の香川本鷹~コンパニオンプランツ編・その4~

唐辛子の相方である綿花。「綿の花」とは書きますが、いわゆる普通の花も咲きます。 ただし、2~3日で散ってしまうので、よほど大規模な畑でない限り、沢山の花が咲き誇る様子は見られないでしょう。 最初は白や薄黄色、散る前にはピンク色に変わります。 花…

第111話.志々島の年中行事

人も少なくのどかな雰囲気の志々島ですが、意外に小忙しいという事実を今回はご紹介したいと思います。先ずは神社とお寺の清掃。 実質的には周辺の草刈りです。 例年、下記の様な日程で行われ、これだけで計6回有ります。 今年は中止になりましたが、山頭神…

第110話.逆襲の香川本鷹~鋼の練炭術師編・その3~

育苗箱を溶かしてはイカンと、棚板の位置を元に戻して再スタートです(^^; この頃はまだ連日の猛暑で、日中の外気温がそもそも35度を超える程でした。 2時間後に様子を見に行くと、内部の温度は50度超。ちなみに温度計は、別の用途で買った物を転用していて、…

第109話.逆襲の香川本鷹~鋼の練炭術師編・その2~

練炭小屋が出来た所で、続いては乾燥の実験へと進みます。 今年収穫した唐辛子ではなく、冷凍していた去年の唐辛子が「実験台」です。 練炭は専用のコンロにセットして、チャッカマン的な物で火を点けます。 練炭の真ん中に着火材が仕込まれているという話で…

第108話.逆襲の香川本鷹~鋼の練炭術師編・その1~

去年、唐辛子を乾燥させる手立てとして、天日干し以外の発想が無く、結果的に殆んどを駄目にしてしまいました。 ちなみに自然乾燥なら、風通しの良い日陰で行うのが正しい方法だと後で知りました。が、近所に相応しい場所は無いので、結果はどのみち一緒だっ…

第107話.逆襲の香川本鷹~コンパニオンプランツ編・その3~

最初に、前回言い忘れた事を一つ。 あれやこれやと暑さ対策を講じているものの、今は早朝と夕方しか働いていません。 「コンクリートジャングル」と比べたら2~3度は低いかもしれませんが、志々島も昼間は充分危険な暑さなので、外に出るべきではないですね(…

第106話.夏の装い

梅雨が開けて、香川県も夏本番を迎えています。そこで今回は、僕の夏のコーディネートを披露したいと思います。なお、下半身は長靴と綿のズボンで通年過ごしているので、割愛させて頂きます。先ず1着目は、今年買ったばかりの冷却ベスト。 水で濡らすとヒン…

第105話.梅雨の谷間のDIY

今年は長梅雨でしたが、梅雨入りするまでに時間が掛かった気がします。 畑の在る高台に水道が通っていない志々島では、水やりに苦労しました。 で、常々話題に挙げている壇上(だんえ)という丘では、20Lのポリタンク×4に水を入れてキャタピラで運んだりと、割…

第104話.我が心の海開き

30代後半から東京を離れるまでの間、綺麗な海が見たくて、連休となると沖縄の離島巡りをしていました。 空港や目的の島に到着するや否や、一目散に海へ向かって浸かるというのが常でした。 ちなみに僕はカナヅチです。ライフジャケット無しでは深い所へ行け…

第103話.STOP THE フードロス!

世界的な問題である「食品ロス」。それに歯止めを掛けるべく行なっている僕の取り組みを、少しだけご紹介します。 先ず、昨年から1年近く付き合っているのが「焼き肉のタレ」。 ゲストハウスにお客さんが残して帰った使い掛けの物を8本程、捨てるのは忍びな…

第102話.逆襲の香川本鷹~コンパニオンプランツ編・その2~

綿花の種蒔きは5月初旬。本来は、唐辛子と1畝ずつ交互に植えるのがベストですが、肝心の唐辛子の苗が十分に育っておらず( ´~`) いつまでも待っていられないので、実施に踏み切りました。 こちらがその種。 まだらで汚ならしく見えるのは、残った綿が周りに…

第101話.逆襲の香川本鷹~コンパニオンプランツ編・その1~

綿布(めんぷ)は、塩・和三盆と共に「讃岐三白」の一つに数えられます。西暦799年に愛知県へ綿の種がもたらされた翌年、紀伊・淡路・四国・九州に綿が植えられました。 しかし、実際に綿の生産が盛んになったのは、生駒親正(いこまちかまさ)が出兵先の朝鮮か…

第100話.志々島の鉄人

志々島の最高齢は、この6月で96歳になるTおばあちゃん(以下、Tさん)。お子さんは居ますが、現在は島で独り暮らしをしています。 認知症とは無縁で意気軒昂。家事も自分でこなし、僕が面倒で放棄した揚げ物だって作ります(笑) 更には畑を幾つもやっていて、収…