せとうち志々島移住日記

東京生まれ・東京育ちの元プログラマー。父母ヶ浜で有名な香川県三豊市に属する離島・志々島(ししじま)に移住した新米島人です。 その日常を綴って行きます。

第174話.自治会長のお仕事

会長職に就いて早3ヶ月。 僕の任期中に話し合っておきたい事・決めたい事が有り、その実現の為に自分で自分を忙しくしている様な感じです。 折しも今月、島民臨時総会を開き、諸々の懸案事項について話し合いました。 通常の総会は年に一度、3月に開催されま…

第173話.除虫菊の咲く丘で~後編~

市の職員さん曰く、因島からのゲストは電車かバスかで、詫間町に向かっていました。 そこで笠田高校のご一行と合流し、志々島に向かう予定だった様ですが、間違って「坂出」という瀬戸大橋のたもとに在る町で下車してしまったとか(*_*) 地方の公共交通機関とな…

第172話.除虫菊の咲く丘で~前編~

熱心な読者の方は、「あれ、前にも見たタイトルだぞ?」と思われるかもしれません。 165話にて、楠の倉展望台に除虫菊の苗を植えた事を取り上げました。その中で、花が咲くのは2年後になると述べました。 がしかし、そこに大きな誤解が有りました。 何かと言う…

第171話.ミシマサイコ~21年度総括~

だいぶ時間が掛かりましたが、昨年度のサイコの売上が入金されました。 売上は、予測を少し下回る位でした。畑が50点の出来だったので、それは仕方無いです。 ただ、売上から経費を引いた利益はと言うと…とても言えない金額になりました(苦笑) 実際の所、一…

第170話.タクシーのお手入れ

先月半ばのお話。志々島合同会社改め、志々島ダイナミックスが所有する海上タクシーのメンテナンスを行うと聞き、同行させて貰う事にしました。 何を隠そう(?)4年以上志々島で暮らして来て、タクシーにせよ漁船にせよ、船のメンテナンス作業に携わるのはこれ…

第169話.ウバユリの危機~後編~

試験的にフェンスを設置した後、計算して購入して来た資材は、フェンス70枚・鉄杭280本・結束線6セット(600本?)でした。軽トラでも全て載せると重量オーバーになる程の量で、ホームセンターと港を2往復し、船に積み替えて志々島まで運びました。 買い物だけ…

第168話.ウバユリの危機~前編~

毎年7月になると、大楠周辺に自生するウバユリが花を咲かせます。 それを目当てにやって来る人も居たり、地元・三豊市のカレンダーのページを飾ったりと、志々島の夏の風物詩になっていると言って良いかもしれません。(C)三豊市観光交流局 そのウバユリが危…

第167話.4年目を振り返る~後編~

4年目の締め括りとなる3月、島民総会が開かれました。 総会では、各部門の会計報告や議題についての話し合いが行われます。 必要に応じて臨時総会を開く事も可能ですが、基本的には年に一度の一大イベント?です。 今回の総会では、自治会長さんの任期満了に…

第166話.4年目を振り返る~前編~

4月4日は僕の移住記念日。という訳で、恒例の振り返りです。 この1年を一言で表すなら、「実験」でしょうか。この期に及んでまだ実験してんのか?とお思いでしょうが、そうなんです。 モリンガを作ったり、イノシシ禍の中でサツマイモを作ってみたり。 ミシマ…

第165話.除虫菊の咲く丘で(仮)

蚊取り線香などの原料である除虫菊。海外産に押され、国内での商用栽培は完全に途絶えてしまいました。 かつて「花の島」と呼ばれた志々島も、その例外ではありません。 全国的な事となると知識は有りませんが、瀬戸内海周辺に限って言えば、今も栽培している…

第164話.ミシマサイコ~根もみ編~

サイコの土や泥を洗い落とした後に待っているのは、「根もみ」と言う作業工程です。 乾燥で硬くなる前に、絡み合ったり横に広がった根を真っ直ぐに伸ばしたり、毛根をしごいて落したりする事から、「根もみ」と呼ばれているんじゃないかと思われます。 加えて、…

第163話.ミシマサイコ~根っこ洗浄編~

根っこを持って海を渡り、同じ三豊市の高瀬という町へ向かいました。 茶業組合の敷地を間借りする形で、ミシマサイコの生産者向けに洗浄機が置かれていたのが、その理由です。 例によって写真を撮り忘れたので、LINEで貰った資料動画をキャプチャーするとい…

第162話.ミシマサイコ~根っこ収穫編~

種の納品で「てんやわんや」するとはまだ知らずにいた、1月上旬の事。 本来の主目的であるサイコの根の収穫は、三豊市にある笠田高校の農業科の生徒さんらが、実習の名目で手伝いに来てくれる話になっていました。 それですっかり安心していたのですが、過度の…

第161話.天空の実験場

「志々島天空大根」の名前で売り出している、大楠に程近い高台で栽培する大根。 今年も作ってみましたが、予定していたよりも早く、1月半ばには収穫出来る状態になりました。 その質の良さは、昔を知る島のお年寄りからもお墨付きを頂ける物で、僕の実力ではな…

第160話.ミシマサイコ~種選別編~

脱穀を終えた種は選別します。「プレイバック2020」の回でもザッと説明しましたが、改めてその手順について話したいと思います。 先ずは「ふるい」や「ざる」を使って、大きなゴミを取り除きます。 とは言え、種だけが通過する手頃な編み目の物というのはなかなか…

第159話.ミシマサイコ~脱穀編~

約2週間の乾燥期間を経て、元日から種の脱穀作業を再開しました。 今一度、(稲わら用の)脱穀機を使ってみたものの、やはり期待した様な手応えを感じられず、手の平や指先でしごく方法を取りました。 乾燥させた甲斐も有り、気持ち良い位に種を落とす事が出来…

第158話.ミシマサイコ~種収穫編~

これまた話は、昨年まで遡ります。12月半ばになり、あの一面の黄色い花畑が茶色く色づき、ようやくミシマサイコが種の収穫時期を迎えました。 去年は11月の終わりだったので、半月は遅いです。この頃は暖かい日が続いていたので、それが原因かと思います。 …

第157話.バキバキボディー

明けましておめでとうございます。早速ですが、話は昨年末まで遡ります(笑) 志々島のお隣り・粟島へ、牡蠣の養殖のバイトに行っていた時の出来事です。 年末に向けて、牡蠣の出荷は最盛期を迎えていました。大晦日やお正月に、家族で牡蠣を食べて過ごしたい…

第156話.馬鹿と煙は何とやら

師走とは言うものの、無職の僕も絶望的な量の仕事を抱えています。 急いでやりたいのは山々ですが、タイミングを待たねばならない作業である為、一先ず現実逃避を計る事にしました(苦笑) その内の一つが、12/20に行って来た「瀬戸大橋スカイツアー」です。 瀬…

第155話.箱裏マルシェ~後編~

予想に反して、お客さんの出足は好調でした。むしろ、開場時間前からゾロゾロと人が入って来た程です。 少し焦りましたが、僕の店は人気店ではないので、特に慌てる必要は無かったと直ぐに気付きました(笑) ただ、確かに人出は多いものの、同じお客さんが会…

第154話.箱裏マルシェ~前編~

今年5月の事。観音寺市の「銭形砂絵」という観光スポット近くに在る道の駅で開かれた、マルシェに出店しました。 しかし、コロナ禍でそもそも人出が少ない事に加え、その日は朝から荒天で、テントが吹き飛ばされそうな程の強風(*_*) 更にお昼過ぎには雨も降り…

第153話.完全勝利!?~後編~

蒸す⇒皮を剥く⇒切る⇒干す 干しイモ作りは、手順だけ聞いたら至って簡単です。 先ずはサツマイモを洗って泥を落とし、蒸し器に入れます。一番下の段が水を入れる所で、上の二段にイモを置きます。 これは島のオバアチャンからの借り物で、普通に考えれば充分…

第152話.完全勝利!?~中編~

収穫したサツマイモ(鳴門金時)ですが、直ぐには食べずに追熟させます。 イモは乾燥させる事により、デンプンが糖に変わって甘くなるそうです。 ネット記事に倣い、1週間の日干しと3日間の陰干しを行ないました。 トラックシートの上に広げて、雨が降ったら引…

第151話.完全勝利!?~前編~

苗を植えてから4ヵ月半が経った10月の末。ようやくサツマイモ(鳴門金時)が、収穫の時を迎えました。 写真手前は試し掘りした場所で、イノシシの被害ではありません。 ビニールハウス跡のフレームを使って外周を有刺鉄線で囲み、地表部には短い間隔で杭を打ち…

第150話.三豊にヤホーがやって来た!

皆さんは漫才コンビのナイツをご存知でしょうか? 同じく漫才コンビである「おぼん・こぼん」の仲直りの立役者として、いま大注目の二人です!…と、テレビを見ない方達は置き去りにしますよ(笑) 元々ナイツは好きですし、面白いと思います。でも東京に居た時は…

第149話.三度(みたび)の本鷹~ジレンマ編~

台風で枝をポッキリ折られたり、真夏に長雨があったりで、色付きが遅れに遅れていた香川本鷹ですが、今月に入ってようやく収穫出来る状態になりました。 去年から始めた練炭による乾燥は、今年も継続しています。…てか、他の手が浮かびません(^^; しかし、そ…

第148話.ミシマサイコ~VIP視察編~

先月の終わり。僕が育てているミシマサイコの黄色い花が咲き、満開になりました。 薬用植物栽培の世話人をする地域おこし協力隊の方が居て、時々志々島を訪れては助言して下さるのですが、その方が畑の様子を三豊市長に報告した所、あれよあれよと言う間に市…

第147話.スーパーフード~収穫・摂取編~

以前、このブログで取り上げたスーパーフード・モリンガ。 噂通りスクスクと育ち、9月の頭には1mを軽~く越える高さにまで成長しました。放っておくと、3mでも4mでも幾らでも伸びます。 高過ぎると収穫がしにくいので、てっぺんを摘芯して1mに揃えました。摘…

第146話.そして神戸~余談編~

前後編に分けてお届けしたタンカーでの出来事。実を言うと、個人的にはコロナより深刻な問題が起きていました。 それは…僕が歯ブラシを持参しなかった事です(~_~;) が、決して忘れた訳ではありません。 出発前日に食材その他を船に積み込み、近隣のホテルに…

第145話.そして神戸~後編~

濃厚接触者の2人はいずれも日本人。1人は陰性でしたが、残るもう1人は…陽性でした(以下、A氏)。 インド人を警戒していたのに、まさか日本人に足元をすくわれるとは…(~_~;) A氏は、発熱や咳といった症状は何も無いとの事でしたが、船内でA氏と接触して感染し…