せとうち志々島移住日記

東京生まれ・東京育ちの元プログラマー。香川県の離島・志々島(ししじま)に移住した新米島人です。 その日常を綴って行きます。

第37話.出来っこないをやらなくちゃ!

先週の11/3、志々島恒例の敬老会が行われました。

敬老会の趣旨は「敬老の日」と同じと考えて良いと思いますが、以前は皆で料理をしていたそうです。

が、島民が少なくなった近年は、仕出し弁当を一緒に食べるだけの行事になってしまったらしく、このままでは寂しいと、去年はちょっとだけ歌を歌ったとか。

そして今年は、若き公民館館長の提案により、「耳が遠いお婆ちゃんでも楽しめるもの」というコンセプトの下、島の(比較的)若者が余興を行なう事となりました。

皿回し, マジック, テーブルクロス引き…と、館長が各自に演目を指定して来たのですが、人様のプロデュースを受けたくない僕はそれを拒否し、自分で演目を決める事にしました。

とは言ったものの、ノープラン( ´~`)

「さて、どうしようか…」と考え始めた丁度その頃、土屋太鳳ちゃん主演のドラマ「チア☆ダン」がクライマックスを迎えようとしていました。

チアリーディングを題材としたベタな青春スポ根物でしたが、毎回ホロッとさせられていたので、多少なりとも影響を受けたのでしょう。

ついうっかり、思ってしまいました。
「あ、これだ」と。

僕のダンス経験と言えば、恐らく中学校でのフォークダンスが最期。
一番激しい踊りでも、ジンギスカンがMAXでした(苦笑)

ただ、そのドラマの合言葉が「出来っこないをやらなくちゃ!」でしたので、僕も敢えて挑戦する事にしました。

そうと決めたら即行動。
直ちにチアダンスのDVD(教本付き)を取り寄せ、
その中から一人でも見映えのする「ポンポン」を使ったダンスを選びました。
f:id:goumonkobura:20181106070111j:plain

さて、当然ながら先ずは振り付けを覚える事からスタート。

チアダンスの基本となる動きだけを組み合わせたものらしいですが、ダンスの素養が無い人間にとっては十分難しかったです(^^;)

どうにか覚えたら、後はひたすら反復してミスを無くす作業に取り組みました。

ただ、2分間の短いダンスであるにも関わらず、ラストの振り付けがとても激しいので、1回踊ると息も絶え絶えになります(~_~;)

その為、1度に2~3回踊るのが限度で、刻んで刻んで、1ヶ月半の長きに渡り練習を重ねました。

ちなみに、DVDに加えて衣装も購入。
ポンポンがセットで付いて来ましたが、流石に安物で練習の度に毛?が抜け落ちてしまったので、別途購入しました(予備と合わせて2組も)。
f:id:goumonkobura:20181106070226j:plain

そして迎えた本番当日!

結果、大きなミスも無く踊り切る事が出来ました(^_^)v

正直、おばあちゃん達がドン引きしてしまうのでは?という懸念も有りましたが、楽しんで貰えた様で一安心です。

やり終えて、ある種の達成感は得られました。
でも、何より嬉しいのは…このダンスレッスンから解放される事です(  ̄▽ ̄)

この先、体力は衰える一方でしょう。
再び敬老会で余興を披露する事になったとしても、体力と練習が必要な演目にはもう挑みません!(苦笑)